スペインの精油工場を訪ねる旅 その5

3日目  トレドへ

 

日曜日   トレドの街をぐるぐる  堪能(๑・̑◡・̑๑)

 

(iPadからなので、後日修正すると思いますが)

 

マドリードから、東南東の海寄りの街ムルシアへの移動前に、

トレドに寄りました。

 

「もし、スペインに1日しか滞在できないなら、トレドへ行け」

とも言われる古きスペインを感じられる世界遺産の街です。

 

 

マドリードの市内を出ると、

広い広い農地が広がります

どこまでも

 

どこまでも

 

 

あちこちに、紅い花が咲いています

 

赤い花は、たぶんこのケシの花。日本の野生のケシは柔らかなオレンジ色ですが、さすがスペイン!でしょうか?情熱的です

 

町の入り口に着きました。

 

バスを降りたら、すぐ城壁。えー、登るの? と、躊躇。ところが中は、エスカレーターを乗り継ぎ乗り継ぎでした。

眼下に広がる街並み

キリスト教の古い教会や関連する古い建物、門前町のような佇まいと迷路のような細道。

道幅が狭まります

……そして、私たち御一行はまさに迷路に入っちゃった。というかエスカレーターが2箇所あったことに後で気づいた。

 

サン・トメ教会

 

 

それから、エルグレコ美術館

入り口 は、新しい建物。エルグレコの生家では無いが、ゆかりの深い古い建物。

 

木造部分もあちこちに。

小さめな印象です

 

庭が素敵です

 

 

絵画の作品が、たくさん展示されています。

 

 

ランチ

 

 

その後

 

カテドラル(大聖堂)の外観を見て、

うー、その後は

 

うー、トレドの街が、

2つの大きな川に挟まれた地形によって発展したというのを

 

「フィールドワーク的に」体感しました〜〜〜

 

 

さて、2泊するムルシアへ。

 

 

 

オレンジブロッサム最新予約状況

トリートメント、教室、カウンセリング予約可能
教室、カウンセリング予約可能
教室開催日
   

このブログの著者

salon
精油の香りを嗅いだだけで、息をしているだけで、どうしてこんなに元気になるのだろう? これが、アロマセラピーとの出会いでした。 精油には自然の叡智が詰まっていて、今の時代の喧噪の中で、「ゆっくりと自分に向き合い時には自分を労り、時には微笑みを分け合いなさい」と教えてくれているようでした。 香りとともにタッチングセラピーの有効性を活かし、からだとこころとが「よくありたい」というお客さまの思いに的確に応えていきたい、と思っています。 もって産まれた五感・感性を生涯大切にして欲しく、「育む」活動もしています。 2007年から小・中・高校で「香育」を始め、その数は延べ約40校1600名になりました。 3年前からデイサービスでご高齢の方に毎月アロマ教室を行っています。 【プロフィール】 香りの教室&アロマセラピーサロン オレンジブロッサム代表 AEAJ認定教室「オレンジブロッサム香りの教室」主宰 米国臨床心理大学院日本校臨床心理修士修了(MA) 【資格】 公益社団法人日本アロマ環境協会(AEAJ)認定アロマセラピスト 公益社団法人日本アロマ環境協会(AEAJ) 認定アロマテラピーインストラクター エフェクティブタッチ®認定 上級インストラクター