アロマフェスタ 〜ますます香りの可能性を感じる〜

タンタシオンローズ

 

口に入れると、ほのかなバラの香りがしました。

誘惑する〜タンタシオンとは、そういう意味なんですって。

 

ラズベリーの方にも、写真下のカシスの方にもローズウォーターが入っています。

 

インターコンチネンタル東京ベイ エグゼクティブ シェフパティシエ

 

 

とても興味深いお話と

 

2作実演のうちの一つ。

それが、お土産でした。

 

彼は、私が受験するはるか前に、アロマ検定1級を合格。

パティシエになって間なしの頃、お菓子で先人を超えるには〜と悩んでいて、

電車の吊り広告が目に入り、あっこれだ!!と、申し込みをして、受験したんだそうです。

そう、その広告とはアロマ検定のポスター。

これからの突破口は、香りだ!

 

「香り」を、取り入れる!

 

そう、

味覚と嗅覚は切り離せはしません。

いろいろな素材の組み合わせ、

素材ごとの香りの活かし方

ものすごい数の試行錯誤を繰り返し経験値として蓄えてこられたのでしょう。

 

 

あるコンクールでは、審査員がデザートを、見る前(視覚)、口に入れる前(味覚)に、お皿に吹き付けたユズ精油(嗅覚)で、

「味の輪郭をはっきりとさせる」そんな秘策に打って出たそう。

五感に訴える、しかも時間差、時間経過を使いながら。

なんというクリエーターなんでしょうか!?

 

素敵なお話、素敵なシェフパティシエでした。

撮影できないのも、一期一会で、また素敵なこと。

 

 

五感の一つとしての嗅覚、時間も取り入れた演出。

 

これは、アロマセラピーでも同じ。

 

アロマセラピー、アロマトリートメントでも、

 

どんどんお客さまをミラクルな世界に誘って差し上げたい!!

 

セラピーの世界のクリエイティブな可能性に、わくわくします。

オレンジブロッサム最新予約状況

トリートメント、教室、カウンセリング予約可能
教室、カウンセリング予約可能
教室開催日
   

このブログの著者

salon
精油の香りを嗅いだだけで、息をしているだけで、どうしてこんなに元気になるのだろう? これが、アロマセラピーとの出会いでした。 精油には自然の叡智が詰まっていて、今の時代の喧噪の中で、「ゆっくりと自分に向き合い時には自分を労り、時には微笑みを分け合いなさい」と教えてくれているようでした。 香りとともにタッチングセラピーの有効性を活かし、からだとこころとが「よくありたい」というお客さまの思いに的確に応えていきたい、と思っています。 もって産まれた五感・感性を生涯大切にして欲しく、「育む」活動もしています。 2007年から小・中・高校で「香育」を始め、その数は延べ約40校1600名になりました。 3年前からデイサービスでご高齢の方に毎月アロマ教室を行っています。 【プロフィール】 香りの教室&アロマセラピーサロン オレンジブロッサム代表 AEAJ認定教室「オレンジブロッサム香りの教室」主宰 米国臨床心理大学院日本校臨床心理修士修了(MA) 【資格】 公益社団法人日本アロマ環境協会(AEAJ)認定アロマセラピスト 公益社団法人日本アロマ環境協会(AEAJ) 認定アロマテラピーインストラクター エフェクティブタッチ®認定 上級インストラクター